ご当地ナンバープレート

ナンバープレート雑学あれこれ

自動車や原動機付自転車、二輪車などには当然のようについているナンバーで、あまりナンバーについて考えたことがある人はいないでしょう。公道を走るには絶対にナンバーが必要なので当たり前につけています。そのナンバーについての雑学を少しご紹介しますので、身近にあるナンバーについて、色々知ってみませんか?意外と面白いナンバーの秘密が知れるかもしれません。

 

自動車ナンバープレートの読み方と大きさ

 

ナンバープレートの読み方と大きさについてですが、まず、地名が入っていますね。それはその自動車を主に使用する地域を示しています。そのため、住んでいる場所のものを取り付けることになります。そして、その後の数字は分類番号です。1から始まるなら1ナンバーといって貨物用ですし、よく見かけるのは3ナンバーです。これは普通自動車の乗車定員10人以下がつけるナンバーです。それより小型の場合は5ナンバーも乗用車ではよく見かけるでしょう。次にひらがなです。これはランダムにつけられているように思いがちですが、自家用や事業用などで付けられるひらがなは違います。また「お・し・へ・ん」に関しては使用していません。その次が指定番号で、これに関しては多くの人が最近は希望ナンバー制度を使い希望のナンバーに変更している部分です。

 

横浜・湘南などのかっこいいナンバープレートを地域外で取得する方法

 

地域名が入るナンバープレートですが、やはりかっこいい地域名を取得したいと考える人も多いです。どの地名がかっこいいかはその人の好みですが、横浜や湘南などはつけているだけでかっこいいと感じられます。それらの地名の場所で登録をすることができれば取得できるナンバープレートなのですが…地域外でとなると実は難しいです。登録の際には住所を同時に知らせる必要がありますので、その地域内で車庫証明書を発行してもらわなくてはいけないのです。乗る場所はどこでもいいのですが、とりあえず住まいがあることは前提となってしまうので、取得には結構大変です。

 

ナンバープレートの色ワケの区別について

 

色分けで何に使用されているのかなどもわかるようになっています。普通自動車ならば白に緑、軽自動車なら黄色に黒、普通自動車の事業用は緑に白、軽自動車の事業用は黒に黄色というように決められています。つけるほうとしては特に色分けなんてなくても…と思うかもしれませんが、色分けをすることで、その車の使用用途や特徴がわかるので見分ける方法として便利なのです。

 

ナンバープレート封印をする意味とは

 

封印というのは、ナンバープレートを固定するキャップです。左側についていると思います。この封印は盗難防止にもなりますし、ナンバープレートを適切な手続きを受けて取得したという証明にもなります。実はこの封印がない場合は、取締り対象となります。取りつけは自分ではできませんので、陸運支局で執行官と呼ばれる人に取り付けてもらわなくてはなりません。もし破損や紛失をした場合は陸運支局で再度発行してもらい取り付けてもらってください。

 

中古車を購入の際、昭和の字体が違うナンバープレートは取得できるのか?

 

昭和のテンプレート

昭和では、今のナンバープレートと字体が違うものが使われていました。昔の漢字、というとわかりやすいでしょうか。中古車を買うときに、現在住んでいる地域と同じ地域であれば、ナンバー変更はせずに登録することが可能ですが、住んでいる地域と違う場合は新たなナンバーをつけかえなくてはなりません。もちろん同じ地域であっても希望してつけかえることはできます。やはり昭和らしい車に乗るならば昭和の字体を付け続けたいと思うでしょうが、実用的なのは今のナンバーにつけかえることです。

 

事故を起こしたら

廃車を考える前に事故車買取を考えましょう。普通の中古車の査定のようにネットで申込みすれば、1社のみまたは複数社の査定依頼が可能です。廃車にしてしまうと、税金など一部は戻ってきますが、事故車買取の方が高い査定額が狙えます。ですので、次のクルマを購入する足しにして検討してみて下さい。

 

事故車買取はできる